2011年2月19日土曜日

2月19日

エルンスト・マッハ  ≫Wikipedia ≫画像
Ernst Waldfried Joseph Wenzel Mach
物理学者 享年78歳・1916年

アンドレ・ジッド  ≫Wikipedia ≫画像
Andre-Paul-Guillaume Gide
作家 享年81歳・1951年

尾崎士郎  ≫Wikipedia ≫画像
作家 享年66歳・1964年

岩田専太郎  ≫Wikipedia ≫画像
挿絵画家 享年72歳・1974年

埴谷雄高  ≫Wikipedia ≫画像
作家 享年87歳・1997年

岡本喜八  ≫Wikipedia ≫画像
映画監督 享年81歳・2005年

7 件のコメント:

野口裕 さんのコメント...

大いなる座布団回しマッハの忌

猫髭 さんのコメント...

喜八忌や馬に飛び乗る愚連隊 猫髭

岡本喜八の映画の俳優は生き生きとしている。それが黒澤明と違うところだ。加山雄三は黒澤映画では大根を出した方がマシだという出来だが、喜八映画に出ると実に軽快洒脱で切れがある。
喜八映画では何と言っても「独立愚連隊」シリーズで、いやかっこいいのなんの。特に佐藤允。日本のリチャード・ウィドマークだね。最高♪
「肉弾」とかは、あまり好きではなかった。やっぱ無国籍娯楽作が一番良かった。

猫髭 さんのコメント...

あつはぷふい埴谷雄高忌アンドロメダ 猫髭

わたくしが上京した60年代の終わりごろ、学生たちのカリスマとして最も話題になっていたのは吉本隆明と埴谷雄高のふたりだった。田舎にいたら100%縁が無かったはずで、亀井勝一郎と太宰治なんかを読んでいただろう。「死霊」を読んだ時は御多分に漏れず日本にもドストエフスキーのような作家がいたんだと驚いた。この登場人物、首猛夫だったかが呟くドイツ語のアッハ、プフィという間投詞をみな呟くというかぶれぶりだった。『闇の中の黒い馬』も高かったけど買って来て夜中に瞼を圧してアンドロメダ星雲に思いを馳せた。さすがに晩年は爺いらしいことを言うようになったが、凄い作家だった。政治評論集は全部売り払ったが、この二冊だけは今でも本箱に納まっている。もう読み返すことはないが売るに忍びない時間が詰っている本というのはあるものである。

露結 さんのコメント...

飄々忌義理がすたれたあとの闇


尾崎士郎の忌日は地元では「人生劇場」の主人公の青成瓢吉にちなんで飄々忌と呼ばれています。私、地元です。

象目 さんのコメント...

絶対など 絶対にないとマッハの忌

あちか さんのコメント...

純愛なるが故に背徳ジッドの忌

あちか さんのコメント...

喜べば八人集う喜八の忌